漢方薬を使用する

体外受精とは、不妊治療の一つであり、体外で精子と卵子の受精を行うという方法です。薬剤により排卵を誘発した後、卵子に精子をふりかけて受精を行い、子宮に受精卵を戻すという方法です。 体外受精は、高価な不妊治療の方法の一つではありますが、成功率は3割程度と決して高くはありません。ですので、体外受精が成功しやすいように工夫することも必要です。妊娠しやすくするには、体の冷えを防いで血行を促進したりすることも有効ですし、穏やかな気持ちで治療に向かう工夫も必要です。 そのため、漢方薬などを使用する人もいます。さらに、体外受精でも卵子が老化していると成功しにくいので、医師とも相談し、適切なタイミングで治療に移行することが必要です

体外受精は、受精卵をいくつか子宮に戻すという方法もありますが、多胎妊娠を誘発しやすく、多胎妊娠は負担が大きくなることから、今では原則一つの受精卵というように決められています。さらには、女性の負担を軽減することから余剰受精卵を冷凍保存しておくという方法もあります。しかしながら体外受精にかかわる治療の多くは健康保険適用外になるため、治療費が高額になってしまうという難点があります。 このため、自治体によっては、受けられる補助回数に限りがあるものの、体外受精の費用の一部を負担するという補助制度などがあります。 排卵のタイミングは人によって様々ですので、急に治療するために仕事をお休みしたりする妊活という言葉も最近の流行であり、周囲が理解を示そうとされています。